« 2017年5月28日(日)の演奏会のお知らせ | トップページ | 春は恋の季節!? »

2017年3月17日 (金)

深夜の謎のお話

『実るほど頭を垂れる稲穂かな』

この諺で一番に思い浮かぶのは、私が勝手に神レベル(笑)でリスペクトしている大ベテランの歌手の方です。
同業者などと私ごときが口にするのもはばかられる様な、雲の上のお仕事をされているのに全然偉ぶってない、というより逆にたいへん謙虚なお振る舞いで、周囲への気遣いやご自身のストイックな求道の姿勢は見習うべきお姿なのです。

演奏と教えの両方で仕事をしている私は、人からの紹介でレッスンの生徒をとることがあります。
先日、Aさんの紹介で、Bさんという方から、知人のCさんに習わせたいからと、レッスンの問い合わせと称した電話を受けました。
紹介の紹介というカンジ?
Bさんは日頃からCさんに『あなた、無自覚なオンチだからボイストレーニングをやりなさいょ』と勧めていて、Bさんが気に入った先生をCさんに斡旋するから、レッスンについての問い合わせの電話をした、ということらしいです。
謎の相関図に、もう既に面倒くさ臭(笑)が漂います。
私の知人はAさんだけで、Bさん、Cさんとも、一面識もありません。
もちろん、電話で話すのもこれが初めてです。

夜も更けた22時半頃~0時半頃まで、1時間54分間も電話を終わってくれない…。
やらなきゃならない仕事の途中なんだけどなぁ。。。
テーブルの上の書類の山が気になります。

…で、話の内容はレッスンの事が1/5くらい?
あとの4/5はBさんご本人の事、つまり『あたしネタ』の演説?(笑)
大変立派な経歴を自負されたお話ですが、真夜中に自分大会のオンパレードをされた揚げ句、Bさん曰く『私は下町の学の無い下品な人達とは違うから』何でも物事を理解されているんだそうです。

『先生と呼ばれて喜んでる馬鹿にはなりたくない』派の私には全くピンと来ない話だったので、夜も遅いからそろそろこの辺で電話を切り上げませんか?、とスルーしたら怒っちゃったみたいでした。(笑)
素晴らしいお勉強をして素晴らしいお仕事をされて来たのでしょうが、そんな夜の夜中に他所様のお宅に電話をするのであれば、まず相手方の迷惑を考えて大事な要点だけに終始して、早々に切り上げるとか、『夜分に大変失礼致しました。』とご挨拶をするとかの、良識のお勉強をする機会は足りなかったのかな?と思いました。

『実るほど頭を垂れる稲穂かな』
やっと電話を終わらせることが出来た時、ふと、頭にこのフレーズが過りました。
それにしても世の中には権威に弱い人が多いことったら!
音楽家はどんなに経歴の権威武装をしても、実際の演奏で全部裸にされるのが常となります。
過去にどんなに立派な評価を受けていたとしても、肝心なのは今現在の進行形のスキルです。
常に進化を要求される音楽家は過去の栄光が保険になった時点で終わりだ、とも言われます。
今日の演奏が良ければお客様の反応として、結果は後から付いて来るものです。

本当に凄い方なら自ら語らなくても、偉さのオーラが湧き上がっています。
それに、深い懐には大きな愛が湛えられていて、分け隔てない思いやりで以って人々との関わりを大切にされていらっしゃいます。
他人の無自覚なオンチには気付けても、自身の無自覚な非常識には気付かない、Bさんに限ったことではないかも知れません。
そう考えて反面教師として学ばせて頂くとすれば、真夜中の迷惑電話にも価値を見いだせるかも知れないかも!?
それとも、もしかしたら電話をする前にお酒が入っていて、ついつい、お口も滑らかになっちゃってたのかなぁと憶測したり!?
何れにしても謎の電話でした。

もうご縁の無いお話ということで、お後が宜しい様で…♪(笑)


P.S
ミューズの神様には、引き合いに出してゴメンナサイです。(笑)

« 2017年5月28日(日)の演奏会のお知らせ | トップページ | 春は恋の季節!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2026197/69950213

この記事へのトラックバック一覧です: 深夜の謎のお話:

« 2017年5月28日(日)の演奏会のお知らせ | トップページ | 春は恋の季節!? »

フォト
無料ブログはココログ